Home news プロボクサー井上尚弥の戦績・戦歴は驚異!

プロボクサー井上尚弥の戦績・戦歴は驚異!

0

井上直哉(井上直哉、1993年4月10日-)は日本のプロボクサーです。 神奈川県座間市出身。 彼は大橋ボクシングジムに所属しています。 トレーナーは父井上真悟。 弟は同じプロボクサーの井上拓真、いとこは元プロボクサーの井上浩樹。 彼は結婚している。 彼は3人の子供の父親です。 彼の血液型はA型です[2]。 その圧倒的な能力と完璧なボクシングスタイル[3] [4]により、「日本のボクシング史上最高の傑作」と呼ばれるパウンドフォーパウンドのランキングは、有名なアメリカのボクシング雑誌「リング」によって評価されています。 日本史上最高の評価を受けた[5]。 アマチュア時代、彼は日本のボクシング史上初の高校生となり、7つのタイトルを獲得しました。プロに転向した後も、日本で最速の第8レースで2番目のクラスを獲得しました(ワシルロマチェンコの第7回プロレースに続く 世界)記録)[6]。

アマチュアのキャリア 彼は小学校1年生の時に父親の下でボクシングを始めました。 [27]彼がゲームに最初に登場したのは6年生で、全国大会で中学2年生の対戦相手にRSCで勝利した。 [28]彼は中学3年生で開催された第1回全国U-15トーナメントで優秀選手賞を受賞した。 新磯高校(現相模原八栄高校)1年生でインターハイ・全国陸上競技大会・選抜の三冠を獲得し、アジア青年選手権で銅メダルを獲得した[29]。 2年目には16位で世界ユース選手権に出場し[30]、インターハイは8位でフィニッシュしたものの、国体を連続で獲得した。また、全英アマチュア選手権初出場の決勝で林田太郎に敗れ、2位を獲得した。同級生の田中亮明(中京高等学校)との試合の結果、4勝すべてとなった。 3年目に、彼はインドネシア大統領杯で彼の最初の国際金メダルを獲得しました。さらに、彼は世界選手権に出場し、フライ級の第3ラウンドに進みましたが、キューバのプレーヤーに12-15の決定を失い、16位でした。日本では、インターハイに加えて、彼は初めて全日本選手権を獲得し、スキル賞を受賞しました[31]。彼は7つのアマチュアの王冠を達成した最初の高校生でした。 [27] [32] 2009年ときめき新潟全国陸上競技大会では、ライトフライ級に出場し、準決勝で拳四朗を破った。 2012年には、ロンドンオリンピック予選ラウンドを兼ねたアジア選手権に出場し、ライトフライ級で決勝に進出したが、カザフスタンの銅メダリストであるビルザン・ザキポフに11-16で敗れた。過去の世界選手権。彼は銀メダルにとどまり、ロンドンオリンピックに参加するという彼の目標を逃しました[33] [34] [ビデオ1]。

井上尚弥 ダスマリナス

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here