Home news 井上直哉vsマイケル・ダスマリナスが6月20日にラスベガスで開催

井上直哉vsマイケル・ダスマリナスが6月20日にラスベガスで開催

0

それは彼が望んでいた帰郷ではありませんが、統一バンタム級チャンピオンの井上直哉は確かに彼の次の防衛でIBFの必須の挑戦者マイケルダスマリナスに直面するでしょう。ボブ・アラムは、日本の2週間の検疫手続きが義務付けられているため、戦いは6月19日にラスベガスで、理想的には「少なくとも限られた数の観客」と一緒に行われるとリングに語った。 ダスマリニャス(30-2-1、20 KO)は、ノニトドネアとの井上(20-0、17 KO)の成功した戦争の直後、2019年12月に最初に電話を受けましたが、WBOチャンピオンのジョンリルカシメロとCOVIDとの統一試合が計画されていました彼をキューに押し戻すための流行。前に述べたように、彼はカリム・ゲルフィのワンパンチノックアウトを誇り、カントリーマンのケニー・デメシロを破って必須のステータスを主張しました。 彼は2019年10月以来戦っていませんが、井上はこの過去のハロウィーンでジェイソンモロニーを粉砕しました。 アルムは、イノウエがその後「体重が増える」と考えていると述べていますが、カシメロまたはノルディーヌウバーリのドネアに対するWBCタイトル防衛の勝者との統合の可能性を高めています。 3人のうち、アルムは、フランス人の顧問とフランス人プロモーターがトップランクに「近い」ため、最も簡単にまとめられる戦いとしてウバーリを挙げています。

http://www.ongakusenkasha.co.jp/inoue-naoya-dasumarinasu-terebi-hoso-muryo/

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here